仕事と子育て両立

仕事と子育ての両立

                 尾道プレス工業株式会社 行動計画

 

 

 

 

 

 

従業員が、仕事と子育てを両立させることができ、働きやすい環境を作ることによって

全ての従業員が、その能力を充分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

 

 

1、計画期間  平成31年4月1日~平成33年3月31日

 

子育てを行う労働者等の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の整備

 

 

目標1  育児運用制度の運用を開始したが、利用した実績が現在まで無く、引き続き

      認知性を高める必要がある。

      平成31年4月~

 

      <対策>

      推進月間を設けて実施事項を織込み、平成31年度安全衛生年間計画表を作成する。

      その計画に基づき啓蒙活動を行う。具体的内容 : 推進月間に安全衛生委員会でビデオ教育

                及び社内報(週報)にて制度の活用への理解を高める。

      平成31年4月~

 

 

 

目標2  制度活用度が高いと想定される若年層への周知する仕組みに有期雇用、無期雇用を

      問わず理解度の確認(エビデンス)を追加で組込み、更なる啓蒙に繋げる。

 

      <対策>

        新入社員の雇入れ時教育のプログラムに有期雇用、無期雇用を問わず織込む資料を作成する。

      理解度の確認がとれるエビデンス書類を作成し、有期雇用、無期雇用を問わず活用を促す周知を

                図る。

                平成31年4月~

 

      作成した資料を基に、運用を開始する。

      平成31年4月~

 

働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備

 

 

目標3  ノー残業デーを月に1日設定し、継続実施定着を図る。

 

 

      <対策>

      多能工化を推進し、部署別の生産増減をカバーしあえる体制造りを継続する。

      平成31年4月~

 

      生産効率を上げるノウハウを外部教育等で継続的に学ばせて生産効率改善の立案に繋げる。

      平成31年4月~

 

      新規に導入したファイバーレーザー及び自動ベンダーを有効に活用する改善を図り生産効率の

      向上を図る。

      平成31年4月~

 

                AGVの導入等、自動化を推進し生産効率を高め時間外労働の抑制を図る。

                平成31年5月~

 

                工場建屋工事完了により工場内物流の再構築とレイアウト改善を行い生産効率の向上を図る。

                平成31年6月~

 

 

目標4  有給休暇取得 年6日以上を目標に管理する。

 

 

      <対策>

      年間休日120日以外に有給休暇奨励日を設定することで低取得者の動機付け及び、取得しやすい

      環境を整える。

      平成31年4月~

 

                外国人技能実習生の制度導入による安定的な要員の確保を行い、実習生と共に有給休暇取得を

                しやすい環境を整える。

                平成31年6月~

 

                                                 以上